埼玉の看護学校で学びました

受験には苦労したものの、私が選んだ看護学校は授業の内容がとても良かった

何より自分達の娘が人の役に立つ仕事に就きたいと言ったことが、両親には嬉しいとのことでした。
両親の賛同を得て看護師への道に進むことを決めた後、迷ったのがどんな看護学校に行くかです。
実家のある埼玉県の看護学校に進むことは決まっていましたが、それ以外は情報収集から始めなければいけません。
学校の先生に情報を教えてもらったり、インターネットで情報を探したりと学校選びが続きました。
最近では看護学校専門の検索サイトなども存在しており、学校を探す際に役立ちました。
看護師になるための方法としては、4年制大学に行くか、大学院に行くか、あるいは3年制短期大学か3年制専門学校への入学を選ぶ必要があります。
学費は両親が出してくれるとのことでしたが、私はもっとも早く看護師への道を目指せる3年制専門学校への進学を決めました。
看護師になるための勉強を専門的に行う学校で、即戦力として現場に行くことができます。
資格習得や就職のサポートを行っている学校が多いのも、私にとっては大きな魅力です。
あまり勉強はできるほうではなかったので、受験に関しては苦労しました。
国語、数学、英語といった基本科目は徹底して復習し、当日のテストは上々の出来だったと思います。
合格率が低くて難しい学校を選んだのは、授業内容がもっともしっかりしていたからです。
いくら楽に入学できたとしても、授業の内容が適当では必要な知識を学ぶことができないでしょう。
受験には苦労したものの、私が選んだ看護学校は授業の内容がとても良く、さまざまな知識を身につけることができました。

私が高校卒業後の進路として看護師への道を決めた受験には苦労したものの、私が選んだ看護学校は授業の内容がとても良かった学校を無事に卒業し、現場で働き始めることができました